ボランティア情報・スポット支援

福岡大学2017.8東北ボラ

IMG_2965

遠く九州福岡から「福岡大学]」大学の皆さんがお手伝いに来てくれました。福岡地元でも豪雨災害のあった中、まずは東北から!とはるばる来てくれました。一日目は山間の農家で畑仕事を手伝っていただき、二日目はホヤ養殖漁師の方のお手伝いをしてもらいました、みなさん明るく元気にボランティアをして、震災遺構見学では真剣な眼差しで遺構を感じてもらいきっとそれぞれに感じてくれた事が多くあったと思います、こらからは地元の被災地のボランティアに今回のように元気に参加してくれる事と思います、また機会があればどうぞ東北へも来て下さい。

IMG_2952 IMG_2965

愛知学院大学2017.8東北ボラ

DSCN4799

愛知学院大学東北ボラは今年で4年目となります、「東北を忘れない!少しでも力になりたい!」と大学の心暖かい気持ちを生徒達が受け、はるばる来てくれました。スタートはゼミの授業から始まり、今年は学校全体での参加です、全国で多くの災害が起きている中「東日本大震災のボランティア」を選んできてくれることに東北の方々は喜んでいます、このボランティアをスタートに地元中部地方でもまだまだお手伝いをして求めている場所は多くあると思います、東北で感じた事を地元でも同じように笑顔でボランティアをして下さい、そして年に1回で結構です東北へも来てくれれば嬉しいです、また来年も歌津泊浜の金毘羅丸がお待ちしています、優しいおかぁさんに会いに、イケメンの息子に会いに、美味しいホタテ食べに来て下さい。

DSCN4783 DSCN4799

 

第127回ファミリアバス活動報告2017.8/18~20

IMG_2867

天候のはっきりしない今年の夏です、8月に入って太陽を見たのは・・・?です、それでも満席のボランティアバスが南三陸歌津に来ました、雨模様でお手伝い先も変わりながらの活動でした、たまたまお願したお手伝い先は「待ってたのです、なかなかお願いできなくて」と今だにボランティアをお願いしかねているお宅がある事に改めて驚いたり、自分のお手伝い先を聞きに行く事の足りなさに情けなくなっていました。それでもお手伝いをしてくれた、愛知から来てくれた赤十字豊田看護大学の生徒達や、遠く静岡から参加してくれた親子などみんな元気に楽しくお手伝いをしてくれました、

DSCN4748 IMG_2844 IMG_2867

第126回ファミリアバス活動報告2017.8/11~13

DSCN4303

お盆の南三陸はずっと雨模様でした、そんな中21名のボランティア(自力参加の山口からの女性と)でお手伝いしました、漁師のお宅に高校生100名が体験漁業に来るとの事で、ファミリアボランティアはその高校生達のボランティア活動のサポートとなりました、まぁここだけの話ファミリアボランティアの方々も今回半分は高校生で初参加です、お手伝い内容をギュギュっと短縮でレクチャーしてもらい、高校生が来てからは途端に先生となって教えていました、でもボランティアに参加しようと意気込んでバスに乗ってきた高校生は流石に飲み込みも早く、100名の高校生にも物怖じせず頑張ってくれました、終わってから漁師のお父さんお母さんに「ファミリアの方がいなかったらどうなっていた事か」と感謝いっぱいの言葉でした。毎回のネギ畑のお手伝い椎茸農家のお手伝いは続けています。

DSCN4267 DSCN4280 DSCN4303

1 2 3 4 5 6 42