ボランティア情報・スポット支援

第115回ファミリアバス活動報告2017.4/21~23

DSCN1087_original

今シーズンのワカメもほぼ無事に終了です、やや高値が付いたようで、早朝から頑張ったお宅は少し嬉しいかもしれませんね、でも湾によっては発育の悪い所もあったそうです、また来年も歌津の方々は元気にワカメ養殖をします、今回初めて来てくれた方どうぞ来年もお手伝いに来て下さいね。さて日曜は全員で旧伊里前商店街のグランドオープン新名「ハマーレ歌津」のお手伝いでした、ボランティアの方々の大きな「いらっしゃいませ!」の声に地元の方も笑顔でお店に入って行きました、女子高校生二人組は試食のバームクーヘンを振舞っていました、美味しそうに食べるおじいちゃんの笑顔が印象的でした、その中でも毎月気仙沼や女川で2012年から活躍している、アカペラグループ「AWS」の協力を得て、素敵な歌声を披露してもらえました、昭和歌謡から平成のJポップまで幅広い歌声に、おばぁちゃんが涙を流していました・・・美空ひばりですね・・・、今後は定期的にこの歌声を披露してもらい、またアカペラ教室も開いてもらえるよう交渉中です。最後に気仙沼企業の「咲幸物産㈱」のご協力によりドローンを飛ばして上空からの撮影をしていただきました、映像は近日中にDVDに収録してハマーレ歌津に寄付して下さるようです、ありがとうございます。

DSCN0929 DSCN0941 DSCN1091 DSCN1095_original DSCN1089_original DSCN1087_original

第114回ファミリアバス活動報告2017.4/7~9

IMG_8449_original

ワカメ収穫最盛期と話していましたが、もう終盤です、4月14日ファミリアバスは人数が集まらずに欠便となりました、広報不足で申し訳ありませんでした、また地元の方々にもご迷惑をおかけしました。今回4月7日からのファミリアバスはワカメ強化月間の終盤を飾るように頑張ってもらいました、日曜は初回からお手伝いをさせてもらっている「戸倉漁師の会」でした、また4月23日オープンの「ハマーレ歌津」への引っ越し準備のため伊里前復興商店街の片づけもしました、オープニング時4月21日便はまだ若干余裕がありますどうぞ応援に来て下さい。あるワカメ養殖のお宅に小学校2年生の男の子がいます、お手伝いに何回か行っている高校生がとても仲良しになって毎回お手伝いもしながら元気に遊んでくれます、この男の子も帰る時は寂しくて毎回涙涙のお別れです、もうこの高校生は東北の南三陸は親戚宅ですね、お互い嬉しいでしょう。少しづつボランティアの減少がファミリアにもみえてきました、新しいステージに変わる被災地を応援するのはまだまだ色々な力と知恵をお貸しください、どうぞ一度今の被災地を見て下さい。

IMG_8488_original IMG_8480_original IMG_8469_original IMG_8461_original IMG_8449_original

第113回ファミリアバス活動報告2017.3/31~4/2

IMG_5412_original (640x427)

七年目を迎えた被災地は生活をしている方々はボランティアの数が少なくなっていても一次産業で頑張っています、人手不足でもみんなに美味しいワカメを食べて欲しいと、朝も暗いうちから海に出て行きます、土日だけ少しのお手伝いでは足りませんが、それでもあばぁちゃんの「若い人達が来てくれて嬉しいよ」の言葉に元気をもらえます。〇〇年目は通過点であって生活の変化があるわけではありません、おじいちゃんおばぁちゃんの頑張りで美味しワカメを食べられると思えば、一度お手伝いに来ませんか?日本人の原点を考えるお手伝いにどうぞ。

DSCN0451 DSCN0610 IMG_5412_original (640x427) DSCN0592_original

第112回ファミリアバス活動報告2017.3/24~26

DSCN0306

愛知県から9名、大阪から2名、関東の方9名、と遠方からまだまだ被災地を応援しようと大学生や社会人の方々が応援に来てくれます、浜のおばぁちゃんは大喜びです、お父さんは力強い戦力だよ、春休みの小学生は大学生のお姉さんに遊んでもらい大喜びです、被災地を応援に来て反対に元気をもらい明日からの学校や会社に気持ちよく行けそうです、と帰る時に皆が言ってくれる言葉です。被災地は第三ステージに入ったと思います、復旧のライフラインが整い第一ステージがほぼ終了し、高台移転や復興住宅への移転、作業小屋などの復興で生活の糧が整い第二ステージ、これから本格的に被災地は創生を目標にして自力で生活が出来るように新しいものを作って行く段階のようです、しかしその裏ではまだまだ生活も整わない方々もみえます、そんな方がはしっかり私たちがお手伝いをしてゆくつもりです、若い力には色んなノウハウを伝授したりして、一次産業をしっかり支えて行こうと考えています。どうぞお越しください、南三陸歌津へ、来月には伊里前商店街が「ハマーレ歌津」となって本設の商店街が出来ます、歌津はここが核となって行くと思いますが、まだまだ平日の交流人口の問題がクリアできていません、みなさんのアイデアや力で盛り上げましょう。

DSCN0207 DSCN0227 DSCN0235 DSCN0267 DSCN0306

1 2 3 4 5 6 38