ボランティア情報・スポット支援

2017.2 神田外語大学 東北ボラ

DSCN8667

毎年2回程は団体で被災地ボランティアに来てもう3年目です、被災地東北を忘れずに続けて活動してくれるのはとても嬉し事です。学生の中に複数回南三陸へボランティアに来てくれている方が「このボランティアを通じてボランティアへの意欲が増して、他の被災地にも行きました」とおっしゃって頂けました、これが一番の活動の意味です、被災地はここだけではありませんから、余裕があれば他の被災地もお手伝いに行く気持になってくれると、ここで何かを感じてくれたのだなと嬉しく思います。今回の活動は、始まりました「ワカメ」です、まだ全部の方が始めたわけではありませんが、これが南三陸歌津の「春告げ」ですね、半分の方は片づけのお手伝いや、椎茸農家のお手伝いなどでした。二日目は毎月お手伝いに行かせてもらっている「戸倉漁師の会イベント」です、今回はテレビ放送があった事から数百人の方おいでになり、商品もあっという間に無くなってしまいました、毎回これくらいだと嬉しのですがね。3月4月の歌津はワカメ一色です、どうぞ被災地も感じながらお手伝いに来て下さい、お待ちしています。

DSCN8464 - コピー DSCN8489 - コピー DSCN8495 - コピー DSCN8652 DSCN8667

第107回ファミリアバス活動報告2017.1/20~22

DSCN8164

今年最初のボランティアの方々が来てくれました。ワカメ養殖業者のお宅のお手伝いから、空き家にになった家の片づけ、薪割り、などなどでした。今年も時々に応じて必要なお手伝いをして行きます、人手不足、担い手不足、若者不足とサン不足、他の地域でも同じような問題を抱えている地域はたくさんあると思いますが、被災地では更にこの問題が加速しています。6年目を迎える被災地は人口減少問題が一番の課題です、今年も少しでも加速をやわらげ、好転出来るきっかけ作りも出来ればと、今年も小さくコツコツと続けて行きます、どうぞよろしくお願いします。

DSCN7960 DSCN7975 DSCN7989 DSCN8145 DSCN8164

第106回ファミリアバス活動報告2016.12/16~18

IMG_5051_original

今年最後のファミリアバスです、半分リピーターの方、半分初参加の方々でした。仮設住宅からやっと新しい家に引っ越しをする方のお手伝い、若い方がいない家の大掃除のお手伝い・・・高い天井の蛍光灯交換も・・・、年末イベントのお手伝い、いつ来てもたくさんのお手伝いです、最後は仮設住宅やお世話になった方々へ年賀状書きです、手分けして書きながら「まだ半分は仮設住宅の住所ですね」とここに来なくては分からない被災地の今に触れて、また元気にお手伝いして帰りました。今回も静岡県・長野県・大阪府、そしてアメリカから里帰りすると必ず来てくれる人、などなどで最後のファミリアバスを締めくくりました。あといつもの亀の湯さんで東北放送のインタビューを受けた高校生は近日中に東北での放送に出演です。来年もどうぞボランティアに一度参加して下さい、ボランティアの第一歩はここからです。

DSCN7687 IMG_5218_original IMG_4965_original IMG_4957_original IMG_4947_original

 

IMG_5051_original

第105回ファミリアバス活動報告2016.12/9~11

IMG_4207_original (640x480)

今年も年内に積雪がありました、昨年も12月中の積雪で南三陸の方々は「しばらく年内に雪が積もるなんてねぇ」とここも秋の無かった南三陸で冬を迎えています。今回は精鋭13名で、年末の花束作りで忙し菊農家のお手伝いと、本堂とお墓が津波で流されてしまったお寺のお掃除でした、今回他のお手伝いを全部断って次週にお願いしました。日曜は戸倉で「戸倉漁師の会」イベントのお手伝いでした、ここで表せないような海の幸を楽しみながら沢山販売のお手伝いが出来ました。寒くなると東北地方へは足が遠のきます、ましてや被災地へはだんだんと人が来ません、しかしボランティアの方々は必ず何人かは来てくれます、ありがたい事です、被災地の方々の笑顔は実際ここに来て感じて下さい、生きて来た何年間を「よかったなぁ」と感じる瞬間があります。

IMG_4606_original IMG_4564_original  IMG_4346_original (640x480) (2) IMG_4317_original (640x480) DSC_0052_original (640x424) IMG_4207_original (640x480)

 

1 2 3 4 5 6 36