ボランティア情報・スポット支援

第156回ファミリアバス活動報告2019.3/8~10

DSCN1477

8年目を迎える被災地南三陸歌津、土曜は雲一つない晴天で夜は満天の星でした、あの日も満天の星空だったそうです、ボランティア参加者全員で夜空を見上げ、それぞれがあの日に思いを馳せてくれました。私たちボランティアの被災地での活動は被災者のお手伝いをする事で、慰霊祭などに参加しなくてはならない方々の少しでも代わりにお手伝いをしておいてあげられる事だと思っています、多くの方々が星になった日は心で手を合わせ、被災地の方々の為にお手伝いです。3月10日南三陸の高校生と中学生の姉弟が、東京荒川区のイベントで「聞いて下さい私の話!](東日本大震災の子供達)として関東の方々に語り部をしました、地元では語る事の出来ないお話をみんなに聞いてもらいたい、と出かけていきました、これからも多くの子供達が震災を語りたいと言っています、大人が実現させられるよう頑張ります。さてお手伝いはワカメいっぱい、と西光寺さんお彼岸前のお墓掃除、ハマーレ歌津のイベントお手伝いと盛沢山でした。

DSCN1393 DSCN1400 DSCN1416 DSCN1456 DSCN1469 DSCN1477

2019.2村主便

IMG_6015_original

横浜戸塚の塾「湘南学院戸塚」の先生と生徒さんが今年もワカメシーズンの幕開けにお手伝いに来てくれました、この学院の先生は震災直後からボランティアに来てくれていて、数年前からは塾生を連れて来てくれるようになりました。中学生の子供達は初めてのワカメお手伝いに大騒ぎ、ワカメがこんな風に出来るのを見て「大変な作業ですね」でした、お手伝いをしながら、震災の日からの大変な避難生活や津波の話を聞いて「すごい事があったんだ」と改めて感じたようです、今回の子供達は震災当時小学校一年生や二年生だったため津波などはその後のTVでしか見た事がなく、実際に被災地へ来て被災者の方々からお話を聞いてとても良い体験が出来たようです。これからも地元の産業のなどお手伝いをしながら、被災当時のお話など聞いて学んでいただきたいです。

DSCN1303 IMG_6099_original IMG_6032_original IMG_6015_original

 

 

2019.2音楽祭SoundVoice

IMG_5797_original

南三陸で有名になってきた「SoundVoice」(東洋大・法政大など)が今年も一番の寒さの中、気仙沼で開催される音楽祭に参加のため精鋭31名がきました、南三陸の高校生や中学生と何度も交流しているため、高校生が大学生に「久しぶり!」と握手していました、震災後から演奏会(夏祭り・文化祭・クリスマスコンサート・演劇コラボ演奏)と年3・4回南三陸を訪れてくれています、また今年も何度も交流演奏会を続けてくれる予定です、今は中々継続してくれる人が少なくなっているなか本当にありがたい事です、歌津に来た時は美味し海の幸を食べていただいて感謝のお礼をします。また次回は夏祭りです、お待ちしています。

IMG_5704_original IMG_5602_original IMG_5797_original

2019.2神田外語大学東北ボラ

IMG_5240

千葉県の神田外国語大学が今年も南三陸に来ました、今年一番の冷え込みの中元気な大学生は、浜でのお手伝いや、新しい防災集団移転した住宅の集会所で地域のみなさんとお茶を飲みながらお話したり、卓球をしたり、楽しくカラオケをしたり、と若い元気なパワーで地域の方々を笑顔にしていました。二日目は全員で恒例の「戸倉漁師の会」のお手伝いでした、海の幸美味しもの沢山いただいて、元気にイベントのお手伝いをして頂きました。全員が被災地の方々に元気をもらいました、自分達も頑張らねば!と笑顔で帰って行きました。

DSCN1187 DSCN1204 DSCN1240 IMG_5240

1 2 3 4 5 6 54