ボランティア情報・スポット支援

第160回ファミリアバス活動報告2019.5/10~12

IMG_8146_original

晴天の中、田植え元気に出来ました、リピーターの方も初めての方も泥んこで楽しんでくれました、からのタケノコほり、からのタケノコご飯!と被災地の人手不足の農業のお手伝いをして、収穫の楽しさを味わって!と人間の基本をしてみました。そして、気仙沼震災伝承館の見学でした、旧気仙沼向洋高校・・・震災直後からボラバスで必ず見学をさせていただいていました、今年伝承館として見学ができるようになりました、校舎の見学は数年前に見たことがあるかたは、同じ状況ですが、中は整っています。最初と最後は映像となっています、最初の映像は津波襲来の映像です、最後の映像は・・・見に来てください、大きなハンカチを持って。今年もボラバスは品川から出発して東日本大震災被災地へ向かっています、新しい形になった地域で暮らす方々と一緒に過ごして、震災後の地域を感じてください。つつじが山を赤く染める田束山も朝食しながら見学しました。

DSCN1820  IMG_7966_original IMG_8096_original IMG_8146_original  DSCN1904

第159回ファミリアバス活動報告2019.4/26~28

IMG_7578_original

ワカメ最終時期ですが、今年の収穫は平均的に少ないようです、でも頑張っているお宅へお手伝い、先のためにの用意する漁業の方、GW突入のイベントお手伝い、といつもボランティアが足りず断るお宅もあって申し訳ありません。ワカメはまだメカブ削ぎとワカメの揃え方、ホヤの養殖のお手伝い。今年のGWは新元号となり、また長い方は10連休ですね、ボラは減りましたがまだ来てくれる方がいるのは嬉しいです。

IMG_7425_original IMG_7432_original IMG_7545_original IMG_7578_original

 

兵庫県明石南高校東北ボラ2019.3

DSCN1661

毎年この時期に兵庫県明石南高校の生徒達が被災地を訪れて、ボランティアをしていただいたり、南三陸志津川高校生と交流をもったりしてくれます。もう5年目となる活動です、担当の先生が必ず年一回は生徒を連れて行きます、と仰って来てくれています、世間の方々の意識が薄れている中とても嬉しい事です、防災集団移転地域に出来た集会場で地域の方々とのお茶会や体操、高校生同志の楽しそうな会話、気仙沼震災遺構伝承館での涙、この高校生はきっと他の人の気持を理解できる優しい人になってゆくだろうと、今から楽しみです。

DSCN1645 DSCN1656 DSCN1661

第158回ファミリアバス活動報告2019.3/29~31

IMG_6930_original

南三陸被災地の春はワカメからです、午後から雪模様で夕方からは本格的な雪でした、なんとか日中お手伝いが出来て良かったです。メカブメカブワカメワカメの二日間でした、今回は多くのリピーターの方の参加でお手伝い先のお宅も「久しぶりー!!」「お帰りー!」と実家に帰ってきたように出迎え喜んでくれました。今年は例年に比べワカメの生育が遅く月末まで~GWまで、と話していました。 今回はリピーターの方が多く参加だったため伝説(もう伝説ですかね)の「亀の湯」ご夫婦に来てもらいました、皆さん大喜びで、ご夫婦も知った顔ばかりだったためか喜んでいただけました、もうあの「亀の湯」は復活しませんが、お父さんのおっとりしたでも芯のあるお話、やさしい!ちかちゃんの「どぉーも」は健在です、また気仙沼に行きましょうね。

DSCN1678_original IMG_6885_original IMG_5409_original D75_4026_original IMG_6938_original IMG_6930_original

1 2 3 4 5 6 59