ボランティア情報・スポット支援

第152回ファミリアバス2018.9/7~9

IMG_5026_original

秋のお彼岸前にお墓参りに来られる方が気持ち良くお参りして頂けるように、参道などのお掃除。慢性的に人手の足りないネギ農家のお手伝い、一次産業はこれからの日本にとって大切なのですがなかなか人が定着しません。日陽は恒例の「戸倉漁師の会」での海の幸を来場者の方達にたっぷり味わってもらい、お手伝いのボラも美味しくいただきました。

DSCN0184_original DSCN0201_original DSCN0296_original IMG_5014_original   IMG_5026_original

二松学舎大学ボラサークル「BlueBird」2018.8/24~26

IMG_2881_original

年2回は東北被災地へ元気を届けに来てくれる「二松学舎大学ボラサークル BlueBird」元気に16人で来ました、到着早々からみんな元気で「頑張るぞー!!」の気合いいっぱいでした。上級生はリピータの方がいて「何度もここに来る事がボランティアですね」とボランティアの心構えをしっかり理解してくれている学生でした。漁業・農業と被災した一次産業のお手伝いを元気いっぱいにお手伝いしてもらい、元気いっぱいに美味しいもの沢山食べてくれました、明るい元気な二松学舎大学でした。こんな若者達に私たち大人はもっと出来る事があるのでは、と今更ながらに考えさせられました、次回もまた楽しい活動を用意しておきますね。

DSCN0091 IMG_2834_original IMG_2862_original IMG_2881_original

第151回ファミリアバス活動報告2018.8/10~12

IMG_4957

月命日とお盆が一緒になって被災地歌津は県外ナンバーが沢山走っていました、暑い暑いお盆でしたが、そんな中でも高校生や大学生のボランティアの方々が被災地の為に地元の方々とお話しながら活動をしてくれました。二日目日曜は恒例の「戸倉漁師の会」でイベントのお手伝いです、みんな笑顔でお手伝いをしてくれて、「ありがとうね、遠くから」と言ってくれたのは家も作業場も津波で流されてしまったご夫婦でした。まだまだ港の修復も出来ていません、やっと仮設住宅から出る事が出来た方々はこれから生活の再建です、まだまだお手伝いは沢山あります。どうぞ一度は来てみてください、心が少し変わります。

DSCN0018 DSCN9933 DSCN9945 IMG_4897 IMG_4957

横浜サイエンスフロンティア高校東北ボラ2018.8/3~5

DSCN9736_original

横浜サイエンスフロンティア高校は「科学を学びグローバルな人を育て、他者の思い他者の痛みを想像する」などのコンセプトに、机上での学びと併せて、現場での学びも大切にしていただき、被災地での被災者の思い被災地の痛みを感じてもらい今後の勉学に生かしてもらおうと、学校全体で考えて頂いています。春に続き夏も生徒達18名が歌津に来ました。今回は歌津の小学生達と工作教室でお手伝いと、お年寄りが亡くなってしまった家の外回りの片づけ、更に漁業のお宅のお手伝いなどをして、震災からの教訓も半日しっかり学んで頂きました。今後大学から社会人となった時に必ず東日本大震災の地域で感じた事が大切な経験となると思います。

DSCN9727 DSCN9749 DSCN9736_original