ボランティア情報・スポット支援

第148回ファミリアバス活動報告2018.7/13~15

IMG_1707_original

年に数回来てくれる、横浜の塾の生徒達が今回メインメンバーでした、初めての中学生は「東日本大震災の時自分はまだ小学校の低学年でよく覚えていません」と話してくれました、それでも一度は見てみたいと東北の被災地を訪れてくれたことはとても大切な事です、覚えていない人達へ震災の現場で何かを感じてもらい、そして伝えてもらう事は、これからの被災地での学びと、多くの被災地での悲しい被害の教訓を伝えてゆくための大切な行動、第一歩です。

IMG_4753 IMG_1675_original IMG_1688_original IMG_1694_original IMG_1707_original

第147回ファミリアバス活動報告2018.7/6~8

IMG_1532_original

ボランティアの少ない時期に17名のファミリアバスでした。海の養殖を営んでいるお宅はここも人手不足で困っています、みなさんが食べる美味しホタテ、カキ、ホヤなど少人数のご家族だけで頑張っています、少しでもお手伝いになればと、全員で行ってきました。西日本では水害で多くの被害が出て大変です、ここで培ったボラの気持を持って誰かがどこかへお手伝いに行くと思います、東北でのボランティアが被災地へのお手伝いとは?!を考えるきっかけとなって各地のボランティアに行ってくれる事でしょう。

IMG_1221_original IMG_1229_original IMG_1418_original IMG_1532_original

SophiaHabitat 2018.7/6~8

IMG_4597

四年前から参加してくれていた学生が今年卒業です、4年間毎年東北被災地を訪れて若い力で盛り上げてくれました、学生最後の東北ボラ!涙のお別れでした、しかし社会人となっても必ず来てくれると信じています。明るく元気なSophiaHabitat!イケメン・美人の可愛い子達です、これからも後輩が何年も被災地と絆を切ることなく続けてくれるでしょう。そして各地の被災地へお手伝い、各国の被災地へお手伝い、と羽ばたいてくれる事と思います。

DSCN9523 DSCN9536 DSCN9548 IMG_4592 IMG_4597

第146回ファミリアバス活動報告2018.6/15~17

IMG_1041_original

梅雨時はボランティアも少なくなってきます、そんな中毎年参加して頂いてるグローバル企業「ESRIジャパン」の方々10名が震災復興ボランティアに来てくれました、それぞれの思いを持って二日間活動してくれました、被災地の人手不足を感じて一次産業の頑張りも経験して頂きました、今後の企業として被災地への関わりと、仕事を通じて今後日本の防災や減災を考えてくれると思います。同じバスで参加の方々も初めて訪れた被災地で一生懸命また楽しく活動して頂けました。

IMG_0853_original IMG_0869_original IMG_0881_original IMG_0925_original IMG_1026_original IMG_1041_original