ボランティア情報・スポット支援

上智大学Habitat Volunteer 2015.2/13~15

DSCN3709

上智大学Habitat For Humanity という学生のボランティアの14名が来てくれました。ハビタットという米国に母体を置く団体の日本のキャンパス支部で建物作りや被災地への応援を主に世界で活動しています、学生達もグローバルな気持ちを持った方々が多く、今回は小学生を対象に、「英語での挨拶」「英語を使ったゲーム」英語での交流をしていただきました。また被災地の建物作りの拠点を視察していただき、これから復興の進む中で学生達が携われる場所を見て、次に繋げられるようしっかりと視察していただきました。この様な意識の高い方々が復興の手助けをしてくれる事は、被災地の方々はとても力強く感じてくれます。今後経過を報告できるよう、ファミリアもお手伝いします。

DSCN3543 DSCN3571 DSCN3709

第16回ファミリアバス活動報告2015.2/6~8

IMG_9205_original

活動初日土曜日は暖かく気持ちの良い一日でお手伝いして頂きました。産業支援のお手伝いとなりました、海あり山ありです。今回のファミリアバスはNHK取材があり、参加者の方々にはご迷惑かけました、マイクを向けられたりカメラに撮られたりと、集中してお手伝いができなかったと思いますが、そんな中でも参加者の方は取材の方に今の現状を伝えようと感じたままをお話してくれました、本当にありがたく思いました、お手伝いをしながらのお話が一番今を伝えるのに最高でした。今回お手伝いに行きませんでしたが、地元のお寺「西光寺さん」のご住職にも取材させていただき、本当にボランティアの必要性や現状を話していただきありがたく思いました。ボランティアの減少を題材にしていただけるようですが、ファミリアは細くとも長く長く南三陸と寄り添ってお手伝いをして行きます、少ない人数でも地元の方々が笑顔になってくればボランティア成功!です。忘れてはいけませんでした、今回写真にありませんが、昨年土砂災害で側溝が流れなくなった場所の清掃していただきました、地元の方が忙しくなってきて手が足りなくなってお手伝い頼まれて行きました、これも大事なボランティア!でした。

DSCN3363 IMG_9103_original IMG_9205_original

第15回ファミリアバス2015.1/23~25

DSCF7808_original

今年初めての南三陸歌津地区のボランティア活動でした。昨年から正月にかけて数日おきに降っていた雪も止み3月ころの気温になった週末でした。活動は被災後も元気にガソリンスタンドを経営してバスの給油だけでなく故障などにも何度も対応して頂いた「三浦スタンド」が昨年復興工事関係で閉鎖しました、来月からは解体などの工事があるとの事で引っ越しや片付けのお手伝いをさせていただきました、元気なご夫婦のもと初めて参加した方も「元気をいっぱいもらい、楽しいお手伝いでした、これからも来ます」と言っていただきました。他参加者の方々は畑のお手伝いや港で網の片付けなどなど小春日和の中元気に活動していただきました。来月2月からは漁業支援が多くなってきます、皆さんの力をまだまだ必要としています、今できるボランティアです!お待ちしています。

DSCN3208   1422186637611_original   DSCF7808_original

 

一通の年賀状

DSCN3089

今年の南三陸は雪の正月から始まりました。でも白一色の景色はとても心が洗われるようでした。地元の方々も、のんびりとした正月を過ごしたようでした。ボランティア参加の方々から多くの年賀状が事務所に届きました、ご返事が出来なくで申し訳ありません、またお会いした時にご挨拶します。さてそんな中、仮設住宅にお住いの方から年賀状が送られて来ました、この方へも年末皆さんで年賀状を書いて出した方です、コメントはいりませんね、文面だけですがそのまま載せます、これがここのみなさんの気持ちだと思います。

DSCN3089