ボランティア情報・スポット支援

横浜サイエンスフロンティア高校東北ボラ2018.8/3~5

DSCN9736_original

横浜サイエンスフロンティア高校は「科学を学びグローバルな人を育て、他者の思い他者の痛みを想像する」などのコンセプトに、机上での学びと併せて、現場での学びも大切にしていただき、被災地での被災者の思い被災地の痛みを感じてもらい今後の勉学に生かしてもらおうと、学校全体で考えて頂いています。春に続き夏も生徒達18名が歌津に来ました。今回は歌津の小学生達と工作教室でお手伝いと、お年寄りが亡くなってしまった家の外回りの片づけ、更に漁業のお宅のお手伝いなどをして、震災からの教訓も半日しっかり学んで頂きました。今後大学から社会人となった時に必ず東日本大震災の地域で感じた事が大切な経験となると思います。

DSCN9727 DSCN9749 DSCN9736_original

第150回ファミリアバス2018.8/3~5

IMG_2347_original

直前数人のキャンセルにも動ぜずファミリアバス第150回は東日本大震災被災地南三陸へ走ってきました、節目と言えば節目の回ですが、ボランティアに回数とか何回とか、初めてとかリピーターとかは関係ありません、一回一回を被災地の為に頑張っていただける人が一番輝いている方で、胸を張っていて下さい、ボランティアを続けてくれる方がいる限り、きっと誰かもボランティアに参加してくれます、毎回の参加者が被災地を明るくしてくれます。お祭りの準備、演劇の準備、子供達の工作教室、地元産業のお手伝い、と少ない人数で頑張ってくれました、中学生高校生から50代の方までありがとうございました。

DSCN9739 38651752_1114425658711775_2181046347812044800_o IMG_2308_original IMG_2347_original

第1回ごきげん一家歌津公演2018.8/3~5

DSCN9811

関東演劇集団「ごきげん一家」(子安麻希さん代表)の公演が、東京公演を経て、歌津でファイナルを迎えました、春から構想を練って演出家の方へ無理を言って、役者の方々の日程調整をして「歌津へごきげんな演劇を!!」歌津公演で感動の千秋楽でした。代表の子安さんの被災地歌津へごきげんな演劇を届けようとの思いから演目を考えた時、やはり南三陸歌津地区での民話や昔話を題材にして公演しよう、との構想で「憎まれっ子よに憚る」(原作:猫の酒盛り:を題材)を上演しました、笑いあり涙ありで子供からお年寄りまで楽しんでもらえました。次も演目を変えてまた帰ってきます、次回もどうぞお楽しみに!!演目の中に田束山が出てきました、そこに近い西光寺さんの参道のお掃除もして、歌津をしっかり感じてもらえました。

38680485_1114432875377720_647736872746876928_o 38693306_1114431878711153_48829775246000128_o DSCN9800 DSCN9811

第149回ファミリアバス活動報告2018.7/27~29

IMG_2015_original

今年は東北も暑くなるのが早いですね、でも沿岸部南三陸は朝晩は涼しいです。それでも暑い中毎年恒例のお墓のお掃除です、今年もお盆に遠方からお墓詣りに来られる方々が気持ち良く手を合わせて頂けるよう、数人ですがお掃除しました。ネギ農家も頑張ってお手伝いしてきました、泥だらけになって雑草取りしてもらいました、椎茸農家は慢性的に人手不足ですが、なんとか頑張る気持を応援していきます。

DSCN9645_original DSCN9653_original IMG_2002_original IMG_2015_original

 

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 63